トヨタのスペイド

スペイド(SPADE)は、トヨタ自動車の4ドアトールワゴン。
生産は、トヨタ自動車東日本東 富士工場が担当して行っています。
スペイドは5人乗りトールワゴン車であり、ラウムの後継車であり、ポルテの兄弟車と2011年10月に発売された車種です。
ポルテ同様の構造となり、運転席側は前席と後部座席にドアを設置、助手席側が前席と後部座席兼用の電動大型スライドドアが一枚ある構造であり、左右アシンメトリーと言われる車になります。ポルテとスペイドで迷った時には?ヘッドライトとコンビネーションリアライトやフロントバンパー・リアバンパーを大きく見せるために、グリルの開口部を小さくしているので、この点の違いにより、見た目の印象が異なります。クールな雰囲気が好きな方には、スペイドをお勧めす事になるのです。
販売店は、違いの?スペイドはカローラ店の扱い、ポルテはトヨタ店とトヨペット店での扱いとなります。また新型スぺイドは、スペイドハイブリッドが登場する言われています。現在トヨタの小型トールワゴン車は、ハイブリッドモデルがありません。
時代は、まさに低燃費ハイブリッドカーやプラグインハイブリッドの需要を求めていますので、小型トールワゴン車においてもハイブリッドモデルの指示が急務であります。
よって、スペイドのマイナーチェンジでは、ハイブリッド搭載モデルへの期待が濃厚となっている現状なのです。また、新型スペイドのメーターに、なんと4.2インチカラーTFT液晶モニター搭載の搭載があるとされています。
*4.2インチカラーTFT液晶は、ハイブリッド車には標準装備であり、ガソリン車が一部グレードで装備されている現状なのです。TFT液晶モニターとは?そもそも、運転情報を始めとして、エコ運転を機能的にサポートする情報を表示する事を言います。
今後ますます期待されるトヨタ新型スペイドの安全装備は?
トヨタ スペイドは、一部改良して衝突回避支援パッケージ・トヨタセーフティセンスC(Toyota Safety Sense C)が搭載されました。マイナーチェンジでは、C-HRやプリウスに搭載されているトヨタセーフティセンスPに変更されることを期待するユーザーが多いのが実情となります。高い安全性能強化に期待をしたいのが、ユーザーとしては本音ですが・・・現状としてはその期待は高望みと言えるでしょう・・・2017年にヴィッツ、アクアのマイナーチェンジ時も、安全装備はトヨタセーフティセンスCの現状維持で終わりました。新型スペイドも同様の対応に終わりそうです。
更なる安全性能強化に急務に期待をしたいところです。