トヨタのシエンタ

お馴染みトヨタのシエンタは、トヨタを代表するコンパクトミニバンとされています。
ホンダの「 フリード」が対抗馬的車種となると言われています。
ライバルとなる5ナンバー車種のおいては、3列シートを備えるシエンタは、まさにコンパクトミニバンの横綱的存在であると言えるでしょう。フルモデルチェンジの現行モデル車は、発売から約1ヶ月で約4万9,000台の受注を集めました。この数字は、月間目標値の7倍であったとされている数字になります。現在トヨタ車の中では、「アクア」に続き人気の車種であるとされています。
コンパクトミニバン市場では、初代シエンタはスタイルや使い勝手のよさから好評となっていたが、パッソセッテとダイハツブーンルミナスに役割を引き継ぐ様相が濃厚とされる予定でしたが、パッソセッテとブーンルミナスは、実は初代シエンタとは対照的な評価をされてしまったのでした。それは、使い勝手の評価がかなり辛口なものであったのです。こうした事で、販売成績は実に低調に推移して、初代シエンタは継続販売される事となったのでした。そこで一時は生産を終了しましたが、約半年後という短期のスパンでマイナーチェンジの依頼を受ける事になったのでした。生産、販売の再開となり、初代シエンタは約12年という長きにわたり、ロングセラーとなったのでした。
現行シエンタもトヨタのコンパクトカーであるヴィッツやアクアと構造としては、共通部分を持っている事点では、初代モデルと変わらないとされています。現行シエンタの特徴としては、3列目シートの居住性能の向上が特徴的な点となります。
全長は、先代モデルと比較しても拡大設計され、3列目シートに評価も大人でも対応出来るシート空間の対応力であるとされています。確かに、ゆっくり上質な時を演出する3列目シートとはいきません。ご了承を・・・
構造的には、1.5リッターガソリンと1.5リッターハイブリッドの2つが設定される。1.5リッターガソリンエンジンは最高出力109馬力、最大トルク13.9kgf・mとされ、スペック的申し分ないとされるでしょう。トヨタではハイブリッドカーに標準搭載傾向である熱効率に効率的であるアトキンソンサイクルを採用し、更には排気効率に優秀と言われている4-2-1排気マニホールドを採用おり、エンジン単体での燃費は今後益々高まる事は間違いないでしょう。期待できますね。燃費も良く、運転のしやすさを考えても、とっても評価が高いシエンタ今後益々ニーズが高まる事は間違いないでしょう。