トヨタのカムリ

カムリは、日本カー・オブ・ザイヤー 2017-2018にて、10ベストカーに選出され ました。
北米市場では、カムリは非常に高い人気を誇る車種であるとされています。そんなカムリが、フルモデルチェンジして発売を開始する事になりました!
米国では発売を開始と同時に話題沸騰となり、試乗を希望する方が後を絶たなかったと言われています。どういった点が高い話題性となったのでしょうか?それはIIHS衝突安全テストで最高評価獲得という点も一つの話題であったと言えるでしょう。IIHSとは?米国の道路安全保険協会(Insurance Institute for Highway Safety)の事であり、事故防止調査研究を行っている非営利団体であります。IIHSの主な役割としては?
各車両における、自動車事故の死傷率の評価・分析を行っています。
トヨタ新型カムリは、この分析によって全項目で最高評価を獲得しました。
新型カムリと比較してみましょう。なぜ更に販売実績も好調になったのでしょうか?
新型カムリは、旧モデルと比較しても販売台数は大きく伸びています。
月間販売目標の5倍もの販売台数になりました。
新型カムリはまさに好調なスタートを切ったと言えるでしょう。
次の点が好調の理由でした。
・ワイド&ローフォルムを採用した事で、スポーティさとスタイリングを実現しました。
・TNGAを基本とし開発2.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載。
・・新プラットフォームの走行性能
・トヨタ セーフティセンスPを全車標準装備
・インテリジェントクリアランスソナー設定
以上の理由が、好評の理由となるのです。

トヨタ自動車の開発コンセプトとは?
・Performance(性能)
・Intelligence(智能)
・Experience(官能)がキーワードになっています。
カムリもまさに、この3つのキーワードを基本として成り立っている車種なのです。
トヨタ全社では、効率的で効果的な車作りにおいて、機能的横断と一体的な開発を推進する「TNGA」(Toyota New Global Architecture)の強化を更に強化しています。「もっといいクルマづくり」このスローガンを軸として、新しいプラットフォームとパワートレインを一体的に開発する事により、美しいスタイルや、意のままの理想の走りと実現するトヨタ新型カムリを実現します。内装は、視界のよいスポーティーさと軽快なインパネが特徴である広々室内空間も特徴であります。レザーパッケージ仕様では、高級感溢れる確かな質感を提供しています。
また、先進のカラーヘッドアップディスプレイに、マルチインフォメーションディスプレイ、大画面8インチのオーディオ・カーナビディスプレイが付帯されている点も特徴的な点であります。