トヨタのオーリス

オーリスは、トヨタ自動車が2006年から生産・販売している、コンパクトハッチバック型ステーションワゴン型Cセグメントクラスの 乗用車であります。現行モデルとされている物は2代目であり、2012年から販売されているのです。2代目オーリスの特徴として、フロントマスクを見てほしいのですが・・・トヨタ車共通デザインである「キーンルック」を初めて採用しています。
車体は空力性能を実現していると共に、安全性には、とても配慮がうかがわれます。
それは、ボディ構造が低い重心である事からも理解出来るでしょう。
トヨタは、まさにグローバル企業であると共に、欧州地域でも高い評価を受けており、主力車両も高い環境性能で定評があり、オーリスのハイブリッドモデルは、JC08モードで30.4km/Lという高燃費性能を実現しております。平成23年度には、燃費基準+20%も達成しているのです。「シャア専用オーリス」の一般販売も話題を呼んだことから、オーリスの名を知る機会になったという方もいる事でしょう。
オーリスとは、ラテン語で「金」を意味します。
金の様な存在感と共に、独特オーラを持つ車になって欲しい!そんな切なる願いが込められてネーミングされたのが、オーリスなのです。また、新型オーリスは、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」が採用される予定となっております。更なる安全性能が期待出来る事でしょう。また、ボディも高剛性能となり、走行安定性も向上します。
また、車体も若干ですが大きくなった事で、室内空間も広く開放的な印象になりました。
更に、新型オーリスはどこが新しくなり、どう良くなったのか?
車に詳しくないと、ちょっと理解出来ないでしょ?新型オーリスのパワートレインは?現行モデルと比較しても、その燃費の差は歴然です。燃費は約25%、動力性能では約15%以上の向上が期待されます。エンジンラインナップも1.8L直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドと、1.4L直列4気筒直噴ターボエンジンを採用します。
車好きの方には、たまらないエンジンの搭載でしょう。更に、新型オーリスには「トヨタセーフティーセンスC」が標準搭載されます。現行モデルと同様の安全運転支援パッケージ「トヨタセーフティーセンスC」が標準搭載予定です。
エマージェンシーブレーキや車線逸脱防止機能により、安全性能を高めます。
そんな理想的なトヨタ 新型オーリスの実燃費は?C-HRのハイブリッドモデル(2WD)の燃費はJC08モードで30.2km/Lです。新型オーリスの燃費性能もこの数値に限りなく近い数値の実現を想定しています。発売時期を踏まえると、その燃費は、35km/L近くになると予想されています。