トヨタのヴェルファイア

トヨタヴェルファイアは2015年1月、アルファードと同時にフルモデルチェンジ!
ヴェルファイアは発売以来初のモデルチェンジとなりました。
このモデルチェンジにより、デザイン、内装、走行性、安全性、燃費といった車にとってはまさに必須とされる項目の全てにおいてパワーアップを実現した事になります。
新型ヴェルファイアは、まさにトヨタのフラッグシップミニバンの代表格と言えるでしょう!新型ヴェルファイアを見た時の印象として、ちょっと力強い感じを強く受けませんでしたか?まさに、「いかつい」そんな印象を持たれる車種であるとも言われています。
強いフォルムや切れ長の2段積みヘッドライトは、2段積みであり、優しい奥さまが運転する印象ではありません。まさに「迫力」!を印象づける車種と言えるでしょう。
ですが、その「いかつい」印象は高級感にも繋がっているとされるのがヴェルファイア
と言えるのです。機能やパワー、インテリアにおいては、まさにフラッグシップミニバンとしてはふさわしく、まさに高級車と呼ばれるにふさわしい性能と、室内空間等を提供している車種であると言えるでしょう。特に助手席に注目して下さいね。
驚きのスーパーロングスライドシートを採用。最大1,160mmもシートがスライド可能。飛行機のビジネスクラスの乗りごこちと表現している口コミもありました。まさに、納得!そんな快適性能を実現しているのが、トヨタもヴェルファイアと言えるでしょう。
同レベルとされる車種と比較しても、その高い性能と共に、高級感と上質な時の演出力は差を感じさせると言われています。まさに、魅力満載のヴェルファイアなのです。
そんなヴェルファイア、きっと購入金額はお高いでしょ?
それに、燃費だって家に響く事になりそう??そこで、ヴェルファイアの
レードを見ていきましょう。大別すると。ハイブリッド車とガソリン車があります。ガソリン車は、3.5Lと2.5Lの2種類。2WDと4WDが揃えられています。(ハイブリッド車は電気式4輪駆動のみ)エクステリアやインテリア、シートアレンジは、多数のグレードから選択可能。最上級クラスの価格帯は、ずばり700万円前後!
私は、言葉がない・・・ そこで、おすすめのグレードは?
グレードによる違いは「装備」です。例えば、ヘッドライトがLEDを使用している、シートやステアリングが本革を使用、両側スライドドア装備を搭載しているといった様に、装備によりお値段も下げる事が出来ます。まさに、予算と必要な装備について要検討といった所でしょう。また、グレードによって選べるオプションも異なりますから、その点は要注意ですね。ディーラーに行くと、特別仕様車や上級グレードのものが展示車や試乗車になっている事が多い事を知ってから、ヴェルファイアは試乗しに行かれて下さいね。人の心理から、最初から上級グレードに乗ると、下げる事って難しくなるものです。こうした心理を突いて上級グレードを用意しているのが、ディーラの作戦なのです。