トヨタのヴィッツ

まさに、トヨタの大衆車的イメージがあるヴィッツ。そんなヴィッツはトヨタ自動車が製造・販売する1,000 - 1,500ccクラスのハッチバック 型乗用車である。日本国内では一貫して新旧ネッツ店でのみ取り扱っている車種であり、同店の看板車種とも言えるでしょう。そんなヴィッツは「セーフティ・サポートカー」として認定されています。
セーフティ・サポートカー(サポカー)とは、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発している車種を言います。
まさに、安心して乗る事が出来る車の代表格であると認定されているのです。
そんなセーフティ・サポートカーに搭載されている設備としては、自動ブレーキなどの安全運転を支援する装置であります。これらを搭載する事で、ドライバーの安全をより高い水準でサポートする事も可能になるのです。
また、セーフティ・サポートカーとして認定される運びとなった事については、代表的な事としては特に高年齢者のドライバーによる、交通事故の発生を防止する事や、事故被害の軽減対策として、ヴィッツの様な車がセーフティ・サポートカーとして認定される運びとなのでした。国が推奨する新しい自動車安全コンセプトなのです。
また、ヴィッツはコンパクトで軽快な走行性を実現しています。 ヴィッツには、ハイブリッド車が仲間入りしました。そのハイブリッド車もバッテリーの配置を工夫する事で、広さはそのままで、低燃費性能を実現する事に成功しました。
ヴィッツは、1.5L 小型ハイブリッドシステムを搭載。
ヴィッツは、モーターとエンジンのメリットを最大限活かしつつ、低燃費で優れた走りを実現し、モーターやエンジン、インバーターを制御し改良した事で燃費性能を更に高める事に成功したのでした。
そんなうれしいヴィッツを私も今愛車としておりますが、本当に運転しやすい車種であると実感しております。安心して運転している事が出来ると実感。運転中の安定性がある車種であると感じます。また、ハイブリッドシステムを搭載している車種の中でも、非常に優秀であると言えるでしょう。
女性でも、常に安心して運転している事が出来ると、あなたも実感する事が出来るでしょう。それは、Toyota Safety Sense Cの3つの機能の搭載からです。ヴィッツは、万が一のリスクに備えた安全装備を充実させました。
○プリクラッシュセーフティシステム
○レーンディパーチャーアラート
○オートマチックハイ・ロービーム
これらの3システムは、安心走行の強い味方になる事でしょう。