トヨタのライトエース バン

トヨタ自動車から、1970年に発表されたキャブオーバー型トラック仕様のワンボックス車です。ライトエース バンの一ランク上のタウンエーストラックがありましたが、フルモデルチェンジと同時にライトエーストラックと共通の仕様となりました。
仕事車としてまさに大人気車種であり、最適な空間と共に、高い燃費効率を実現しているライトエースバンについて更に追求していきましょう。
ライトエースバンとは、まさに仕事の車としても、効率的に活躍する一台です。大きさ的にもちょうどいいですし、燃費効率から検討してもベストな一台と言われています。現行モデルでは、すでに6代目となる車種です。6代も続くのですから、その実力の高さがわかる一台と言えるでしょう。
また、2008年にはフルモデルチェンジし、更に進化しました。
そんなライトエースバンの価格は、グレードGLで170万円〜210万円、DXで150万円〜200万円となっています。次に気になるのが・・・燃費効率ですよね?仕事の車ですから、燃費が肝心ですね。ライトエースバンカタログ記載の
燃費効率はJC08モードで約12.2 km/L〜12.6 km/Lとなっています。
2代目でも 9.4 km/L〜14.2km/Lとなっています。安定した燃費と言えるでしょう。実際ライトエースバンに乗っている方の声からは、平均10.0km/L程度との声もありますが、現行モデルのカタログの約85%くらいが実際の燃費になると理解すると差異は少ない事でしょう。
ライトエースバンの燃費効率から総合的に評価すると、トータルバランスがとれているベストは一台と評価する事が出来ると言われています。夏場等でも燃費が、8.0 km/L程度を保持出来る点でも、効率性は良いと言える仕事車になるでしょう。新モデルは、更に燃費向上がアップしていますし、今後益々期待される仕事車として定着する事でしょう。中古車で、ライトエース バンを検討されている方も、年式等を考慮して検討すると理想的な仕事車に出会う事が出来るはず。仕事車として車の購入を検討している時、ライトエースバンはとっても効率的に機能する車種になります。軽自動よりも大きさがある車体から検討すると、これだけの燃費と実現している仕事車。OKサインを出して良いでしょう。ライトエースバンとは、トータルバランスを実現している一台です。
先代モデルから現行車になる迄も、多くのユーザーに愛されてきた歴史を感じるライトエースバン!まさに、仕事車としてはベストな一台であると感じてもらえる事でしょう。