トヨタのライトエース トラックの特徴と廃車にする時のおすすめ情報を紹介しています。

トヨタライトエーストラックとは?1970年に初代が誕生。
トヨタのライトエースをベースとしてトラックになります。
商用車として、自営業者の方にも人気の車種ライトエーストラック!商用車ですから、その燃費も気にある所ではないでしょうか?
仕事の荷材等を積む事が多い車種となります、ライトエース トラック。購入時は、非常に低価格で嬉しい車種ですが、現行車は、6代目であり、2008年はフルモデルチェンジを実現し、その人気は今なお健在です。その健在ぶりからも、性能の高さを理解する事が出来るはず。
低・中速域で高トルクを保ちつつも、高速域ではスムーズな加速性能を合わせ持ち、日常の走行は勿論のこと高速走行にもその高い性能で楽々走行を実現しています。また、商用車とはやはり快適性に欠けるイメージが大きいと思われますが・・・ライトエーストラックは、そんな快適性能にも心配りをしているトラックなのです。トラックでシートのスライドを実現しました。
最低回転半径は、4.3mとされ、小回りにも長けており、乗り心地もトラックともは思えない使用感と実現しています。高い燃費効率を実現しながらも、この乗り降りを実現しているなんて、以前の商用車では考えらないと思われる方も多いでしょ。
きっと、一度試乗してみると、その高い性能にトラックとは思えないと言われています。まさに、自営業者の方には嬉しい一台になるはずです。
そんなライトエーストラック・・・気になる価格は?
グレードDXとXエディションの2種Mのグレードをご用意しており、DXでは、150万円〜170万円。Xエディションで150万円〜190万円となっています。
非常に手ごろな価格であると言われているトラックになります。
そんなライトエース トラックは、安全性を向上させた実用性重視の商用5ナンバートラックです。現行モデルは、フロント大型異形ヘッドライト、新造形のフェンダーパネルの採用により、旧モデルのイメージは一新されました。安全面においても、フレームエネルギー吸収性能を見直す事により、高い安全性能を実現しました。室内空間もトラックのイメージを一新する事に成功した一台と言われています。
気になる燃費効率は、9.4〜14.8km/Lという高燃費効率を実現しました。商用車としては、まさに申し分のないトラックなのです。仕事仕様としても機能は勿論のこと、トラックとしては、その高い快適空間の演出は今注目の一台と評価されています。
以前とトラックのイメージとは、全く違う印象をお持ちになる事でしょう。