トヨタのプリウス

プリウスは、以前東京モーターショーで参考出品車として展示された車種です。
1997年に誕生したプリウスの当時のキャッチフレーズは?
「21世紀に間に合いました。」とのキャッチフレーズが物語る様に、まさに世界初となる「量産ハイブリッド自動車」として誕生したのでありました。
そんなプリウスの開発責任者は、トヨタ自動車の会長を務めた内山田竹志氏が務めたのでした。そんなプリウスのコンセプトとは?「人と地球にとって快適であること」これが、開発の趣旨でありました。低燃費走行を目的としたパワートレーンシステムと呼ばれる「TOYOTA EMS (Energy Management System)」を搭載し、低燃費での走行を目的として作られたのでした。そんなプリウスといえば、環境に配慮した充実して機能が特徴的であり、安全装備の配置も他の車種よりも早い段階で着手していたのであります。
安全装備の代表的な物としては、エアバックを挙げる事が出来ますが・・・側面衝突対応SRSエアバッグを装備し、計6カ所のエアバッグがあったのです。また、プリウスならではの珍しい装備も付帯されていました。その装備とは?助手席とリヤシートに組み込まれたチャイルドシートの存在でした。更に、近未来対応型マルチメディアシステムと呼ばれる装備が、駐車中の車内への侵入者を感知するのです。といった様に、アラームによって、車内の異常を知らせてくれるセキュリティシステムの搭載が完備されていたのでした。当時としては、まさにこうしたシステムは画期的なものでした。まさに、プリウスが注目された訳です。そんな嬉しいプリウスの燃費性能とは?当時としては、想像もつかない程の高燃費が目標値とされていたのです。世界でも初のシステムを搭載した事により、エンジンや駆動系の効率は格段に向上する事となりました。更には、停車時にエンジンが停止するという機能を採用しました。この機能は確かに今では当たり前のシステムとなっていますが、まさにこの機能はプリウスが初めてのケースだったので、当時としては注目の機能であったと言えるのでした。そして、目標値を高く設定していた燃費効率ですが、当時のプリウスは燃費30km/L(10・15モード走行)の実現を目標としていたのです。
と、いった所が、プリウスの簡単な歴史になりますが、発売当初のプリウスと現行型のプリウスは、スタイルが全然違いますよね?現行モデルは機能も更にパワーアップしつつ、そのスタイルも俄然素敵な外観となっています。プリウスの今後の進化が益々楽しみになってきますね。ハイブリッド車なら、やっぱりプリウスですね。