トヨタのピクシス メガ

2015年にトヨタ自動車から販売されたピクシス メガは、軽トールワゴンである。
トヨタ自動車単独では、軽自動車の販売は実現しませんよね?ピクシス メガも、子会社であるダイハツ工業からOEM供給を受ける事で販売されているトヨタブランドの軽自動車なのです。「ピクシス」シリーズの第4弾として誕生したピクシス メガは、ベースは、ウェイクを基調として全高1,835mmのスーパーハイトールタイプの軽トールワゴンとなります。車高はピクシスシリーズの中では最大であり、車両重量もシリーズの中で最重量であります。グレードについては、装備内容・ボディカラー・車両本体価格ともに、ウェイク同様の扱いとなり、ボディカラーの仕様も同様となっています。他車にもある様に、エンブレム類が異なる点が相違点となります。2016年5月に一部改良となったピクシス メガ
は、その改良点はウェイクに準じており、衝突回避支援システムの「スマートアシスト」装備車については、衝突回避支援ブレーキ機能の作動速度域拡大を実現し、衝突警報機能の歩行者検知の追加も付帯されました。更には、車線逸脱警報も追加された理と、安全機能は高い水準を誇る迄になりました。外観のも改良点がありました。
フロント・リアをボディ同色に変更し、フロントのフードガーニッシュも変更され、初期モデル時期の仕様にあったウェイクのフロントエンブレムは跡からも無くなりました。
また、全車においても標準装備が充実しました。
ヒルホールドシステムとワンタッチターンシグナル機能が付帯されたました。
ボディカラーも、”フェスタイエロー”が廃止され、替わりに新色として”フレッシュグリーンメタリック”と”ミストブルーマイカメタリック”が追加され9色でランナップされる事となりました。2トーンカラーのバリエーションも同様に”フェスタイエロー”がを廃止となり、その替わりとして”ブルーマイカメタリック”の新色2色の計3色に拡大となりました。
また、グレードも見直しを実現しました。既存グレードであった「L」系グレードは、「L"SA"」から改名した「L"SA II"」となり、ターボ車は「G"SA"」から改名し「Gターボ"SA II"」となり、防水素材装備を実現した「L レジャーエディション"SA II"」、「Gターボ レジャーエディション"SA II"」が追加となりました。
軽自動車としては、実にバリエーションも豊かになり、機能面においても安全性能も高い水準となっている事から、効率的な軽自動車として評価出来る一台と言えます。