トヨタのピクシス バン

トヨタ自動車で販売されるピクシスバンは軽商用車(セミキャブオーバーバン)であり、ダイハツ・ハイゼットカーゴのOEM版にあたる車種であり、ベースはハイゼットカーゴである。基本取扱販売店はトヨタカローラ店、ネッツ店だが、軽自動車市場が高い九州・沖縄地区についてはトヨタ店・トヨペット店を含めたオールトヨタでの取扱となっている一台であります。新車の展示に関しては、「ピクシス・ステーション」という一部の店舗でのみで行われている。2012年にピスシスバンは、3兄弟車種として扱いとなりました。それは、スバル・サンバーバンがハイゼットカーゴのOEMに切り替わった事による事から、3兄弟車種と言われる様になったのでした。販売開始当初のキャッチコピーは「働くわたしのピクシス バン」でしたが、2017年11月のマイナーチェンジ以降は「働きモノのトヨタの軽です。」に改められたのです。
2011年12月1日に発表・発売され、エンブレム類以外はハイゼットカーゴと同様の扱いで、装備内容・保証内容も同一でした。
また、エンジンに関してもまさに最上級グレードである「クルーズターボ」は、インタークーラーターボ付直列3気筒DOHC12バルブのKF型を搭載しており、それ以外のグレードは、可変バルブタイミング機構付自然吸気直列3気筒DOHC12バルブのKF型を搭載しているのです。2012年12月には、ハイゼットカーゴを含み仕様が変更され一部改良されました。全車において、JC08モード燃費に対応する様になり、「クルーズターボ」を除く2WD・4AT車を始めとして、「クルーズ」の4WD・4AT車に関しても平成27年度燃費基準を達成するに至ったのでした。更には、2015年4月にも更に改良が施されました。それは、エンジンの電子スロットル化の実現によるものであり、燃費が一段と改善されたのであります。NA・2WD・4AT車と「クルーズ」の4WD・4AT車も「平成27年度燃費基準+5%」を、達成しました。そして、5MT車を含めて「平成27年度燃費基準」を達成したのでした。さらには、「スペシャル"クリーンバージョン"」としては「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」の認定を取得するに至ったのでした。
まさに、環境への配慮を徹底した!まさに理想を超える働く軽自動車となったのです。2015年12月にも、「クルーズ」・「クルーズターボ」は、フロントスピーカーのサイズを116cmに拡大され「ビューティーパック」が登場しました。を設定した。
2017年には、4AT車は新たに「スマートアシストIII」搭載グレードが設定され、全グレードの4AT車においては、ヒルホールドシステムも標準装備されたのです。
全車を対象として、アイドリングストップシステム「エコアイドル」が搭載されたことで燃費性能が一層向上される事となりました。
ピクシスバンは、まさに時代が求める理想の働く軽として更なる進化を遂げているのであります。