トヨタのピクシス エポック

トヨタピクシスエポックは、2012年にトヨタ自動車から販売された、軽自動車になります。今は、自動車購入のまさに必須条件と言えるでしょう…燃費問題。
ピクシス エポックは、そんな消費者心理を満足させる一台と言えます。
燃費が良くて、運転しやすい。試乗した感想からも、まさに、ピクシス エポックのためにある表現であると言えるでしょう。また、人気のスマートアシストVも搭載しており、前のクルマの配慮にとどまらず、歩行者にも高い認識が出来る緊急ブレーキを搭載しております。その最先端の技術は、まさに一歩進んだ安全性備えた嬉しい軽自動車であると言われています。この高い安全技術からも、女性にも人気が高い車種です。まさに時代に適した軽自動車である。それがピクシス エポック。
そんな、魅力的なピクシス エポックですが・・・ダイハツミライースと同じと思っている方も多いでしょう・・・よくあるエンブレムの違いなのかな?
ダイハツとトヨタの関係性からも、その可能性は高そう?と推察されている方もいる事でしょう?購入を検討している方、どちらでも構わないですか?答えは、構いません。
推察されている通り、エンブレムと販売店が違うだけなのです。全く同車種でした。
あとは、価格を始めとして購入後の修理等の点でどちらの車種にするか?と言う事になりますよね?
そもそもトヨタは、本来は軽自動車の扱いがありませんから、ダイハツミライースの購入をお勧めする事になります。それは?購入後のアフターが違うから。
リコール作業や修理等といった様に、車とは購入後からその販売店との付き合いが始まる商品なのです。そこで、やはりその車種の本家からの購入が後々有効に働く事が濃厚と言えるでしょう。サービスに対しても違いがありますし、その車に対する知識と対応力には大きな差があると言えるでしょう。
また、時間的にも本家が有力!修理も迅速で短時間、品質に対する保証という点においてもやはり軍配が上がると言えます。
ピクシス エポックは、フルモデルチェンジは一度も行われていませんで、初代が現役車として走っているのです。トヨタの子会社のダイハツ工業からOEM供給を受けるという形で、2011年にピクシスシリーズの誕生となり、現在に至るのです。そんなピクシス エポックとは、初のハッチバック(軽セダン)車です。特徴としては、価格帯も魅力とされており、低燃費を実現し、高い安全性を追求している軽自動車ながらも低価格で、手が届きやすい価格の設定である事も、セカンドカーとして奥さまの車として購入されるファミリー層も多いとされています。