トヨタのアベンシス

「アベンシス」それは、欧州で競いあう為に誕生したトヨタの一台と言えるでしょう。
自働車メーカーの主戦場とも言えるでしょう、欧州で他車に引けを取らない一台として君臨する様努力された一台なのです。そもそもアベンシスは、欧州のトヨタのラインナップの中で、VWパサートやプジョー、ルノーといった有名な車種と同クラスの主力車種と参戦し、1997年が初代モデルであり、2004年に2代目、2009年に3代目となりました。
実は日本では逆輸入の形で入ってきていたのです。元々は、欧州で生産・販売が開始となり、日本国内では2011年から、ワゴンタイプのみが逆輸入によって販売を開始したのであります。アベンシスは欧州では、非常に高い評価の一台として定着しつつありますが、まだまだという側面もあります。ですがmその高い基本性能を始めとして、斬新でスタイリッシュな外観は、一度見ると惚れてしまう方も多いのではないでしょうか?
更には、その使い勝手の良さも幅広い年齢層の方からの指示を受けている事が頷けます。また、嬉しい燃費性能は、まさに花丸評価をして問題ないでしょう。相対的に、とても評価が高いアベシスと言っていいでしょう。家庭に車が一台としたときに、選択したい一台と言えるでしょう。男女関係なく、愛される仕様であると実感出来るアベンシス。マイナーチェンジされても、以前から好評のスタイルは継承されました。グローバル企業トヨタが、より総力を挙げている点としてデザインコンセプトがありますが、アベンシスにおいてもそのコンセプトは実感する事が出来るでしょう。
「キーンルック」と呼ばれる目つきの鋭さや、「アンダープライオリティ」を表現している点でも理解する事出来るはず。低重心をイメージしつつも、しっかりとして安定性は確保している。そんな高いデザイン性と共に、精悍された印象とダイナミックさの2面性を巧みに表現しているアベンシスなのであります。しっかりと、その存在感は強調され継承されていると言えるでしょう。アベンシスの登場と共に、欧州においてもトヨタブランドの定着化を促進したいと考えています。正直欧州では、トヨタ車はまだまだメジャーとは言えませんので、欧州の方にも受け入れてもらえるトヨタを目指して、トヨタブランドの構築に益々拍車がかかる。そんな一台として君臨したい。それが、アベンシスの使命として、今後トヨタ独自の印象付けと益々行って行きたいとするのが、トヨタの戦略の一つであり、アベンシス誕生の意義であるとも言えるでしょう。