トヨタのC-HR

C-HRは、トヨタ自動車のコンパクトクロスオーバーSUV車であります。2016年に発売された、次世代世界戦略クロスオーバーSUV車として誕生しました。
24時間耐久レースに投入した、「C-HR Racing」の市販版とされた車種になります。
国内のトヨタの、3ナンバーサイズのクロスオーバーSUVであります。販売は、オールトヨタ扱っている車種となりました。車両の製作は、岩手工場が担当しました。
開発責任者自身も、業務の合間にサーキットに通い詰める程の、カーレース好きな社員が担当する事となりました。そんな開発者のこだわりを感じる点があります。それは、世界のあらゆる道で、走行テストが行われたり、欧州の一般道路でもステアリング等を実施したりと言う点です。まさにその走りは高い運動性能を併せ持った、C-HRならではこだわりを感じる一面であります。C-HRは、「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」という点について、究極迄突き詰めて研究されており、そのコンセプトも「我が意の走り」と表現されている事からも、C-HRへの高い探究心を垣間見る思いをする方も多いはず。
まさに、選び抜かれた一台と言えるでしょう。
C-HRの様な車種は、他の車種よりも内外装デザインを重視するユーザーが多いとされていますので、そのデザイン性は非常に高いものがあるとされています。
「センシュアル スピード-クロス」をキーワードとしているC-HR。そのスピード感をリアルに表現しているキャビン形状や、彫刻を印象付ける様な面造形を始めとして「ダイヤモンド」をモチーフとしているボディの堂々たる風格まさに、コンパクトクロスオーバーSUV車の代表と言えるでしょう。更には、軽快さと共に力強さが実に上手に融合されており、それらが、走りに表現されていると言える…そんな一台と言えるのです。
とても個性的なスタイルでありながらも、その機能性の高さと軽快な走行を実現している。まさに時代も求めていた、コンセプトカーとしての評価に値するとされ、そのデザイン性能は世界的にも注目の的となり、高い評価を受ける迄になりました。
そして、その実力は?ワールドカーデザインオブザイヤー2017においては、最終選考3台の1台に選ばれたのでした。
そんな素敵な車種ですから、インテリアもさぞこだわりと実感するのではないでしょうか?質感・形状・色についても、高いこだわりと実現しており、大人の感性を揺り動かされる事、間違いないでしょう。まさに上質と拘りの一台を実現しているのが、トヨタのC-HRなのです。まさに、選び抜かれた一台と言えるでしょう。