トヨタのSAI

エンジンとモーターを併用して走るHVは、既存の燃料インフラ燃費を高める事が出来るのが利点とされています。現在のエコカー市場においては、まさに最有力の存在であるのです。
時代は、ますます環境意識が高まりつつあり、自動車業界においても、環境を意識したモデルを製造する事は目下必須である時代となっています。現在の日本社会エコ意識の高まりは、個人の生活においても、目下急上昇ですよね?
エコを意識する事は、もはや当たり前の時代です。廃棄ガスをまき散らす事等、もはや論外の時代となっているのです。
こうした事からも、車を購入する時にはまず燃費を意識した車を選び事も、車選びの基本となっているのですが・・・
トヨタSAIは、その点においてはどんな車と言えるのでしょうか?ちょっと、SAIと聞いてもそんな車種あった?と言われる事があるかも知れませんね。確かにその売れ行きは、現実厳しいものがありました。月間販売実績は500台前後であったと言われています。当初トヨタは、SAIを華々しくデビューさせるつもりでした。プリウス、アクアと同様に扱いました。
トヨタ全系列で販売するという破格の扱いを行いましたが・・・
売れてこなかったクルマがSAIでした。そんなSAIが名誉挽回と打ってでたのが、マイナーチェンジモデル。外観や内装のデザインを一新。
「フルチェンジ(全面改良)並み」刷新しました。その特徴として、燃費性能も格段にアップしました。ガソリン1リットル当たり22.4キロメートル走行可能。
従来モデルが、1.0キロメートルだった事と比較しても、その差はまさに歴然であり、更にはシートの評価も高くなり、乗り心地も良くなったと言われています。SAIクラスのグレードでは、手ごろな価格であるされる、車両本体価格は321万〜421万円。ナビゲーションを標準装備から外したモデルも用意された事により、従来モデルも17万円引き下げる事に成功した。
販売目標と4倍に引き上げて実績の好調を狙っているのです。
トヨタは新型「SAI」の新車発表会を大々的に開催、トヨタの気合いの一台である事を感じます。デザインも一新した事で、従来モデルとの比較を印象付けています。
せっかくのHV専用車という利点を生かせなかった事の理由としては、このデザイン性も理由であったとされています。
セダン離れと共に、シンプルながらも高級感を演出する事が車というセダン離れと共に、シンプルながらも高級感を演出する事が車という製品には難しかったトヨタは、SAIの不調から学んだと言われています。